交響詩篇エウレカセブン 7話

交響詩篇エウレカセブン

交響詩篇エウレカセブン

7.アブソリュート・ディフィート

~概要

・何かに襲われる軍、一方そのころ営巣入りしていたレントンは重要任務(嘘)を受ける

・ドッキリいたずらをまじめにこなすレントンと撮影するムーンドギー

・いじられ役を奪われ嫉妬するムーンドギー、レントンを好敵手と認める

~感想

日常回いいぞー!ちょっと軍で不穏な空気するけど…

個人的にこういう回はなぜか感情移入しちゃって自分も恥ずかしくなってしまう

特に助けてくれた大男に暴言吐くところはやめてー!ってなった(笑)

大人の女性陣以外はノリノリなあたり本当に恒例行事なのかこれ

ムーンドギーも微妙な心持ちだったろうなぁ

自分の月光号での居場所になってただろうし、微妙な居場所かもしれんけど必要とされてる感はあるだろうし

ただ純粋すぎるレントンに目を隠したくなるなこれ(笑)

最後のホランドが一番面白かった(笑)

エウレカは結構昔の作品だからか色々あるので気に入った人はお布施しよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました