交響詩篇エウレカセブン 8話

交響詩篇エウレカセブン

交響詩篇エウレカセブン

8.グロリアス・ブリリアンス

~概要

・エウレカと買い物に出かけるレントン、一人の女性と知り合いお茶をごちそうになる

・女性は反政府と言われるヴォダラクの構成員だった、捕獲依頼を受けたホランドたちが乗り込んできててんやわんや

・捕獲後なぜかご飯をご馳走になる一行、軍を相手に大立ち回りお金も身柄も手に入れる

~感想

子供たちの最初の反応一番しっかりしてる上の子が急にああなるってどんな闇抱えてるんだこれ

エウレカのびんたやっちゃったーってなってるけどあれで正しい気がする

体罰はだめっていってもやらないとわからないことがあるよ、愛があればよし

ホランドたちって軍の依頼も受けるのね…軍と敵対してなかったっけ?

ホランドってまぁレントン相手だけかもしれないけど説明不足な感じが否めない

それで無駄な軋轢がある気がする…まぁほかの仲間はみんなわかってる感じだからいいかもしれないけど

にしてもヴォダラクだからってなぜ捕まったあとあんな風にできるんだ…?

世界共通になるほど一貫してこういう行動をするって決まってるくらいの宗教なのかヴォダラクって

最後の軍相手の大立ち回りはすかっとしたけどなんで軍はこいつらに依頼したんだ(笑)

どう考えても敵対してるからおとなしくしないでしょうよ…

ホランドたちも色々闇抱えてそう、タルホさんも

もしかしてメンバーみんな何かしらあるのかな…?

あんまり覚えてないのが悔しい(笑)

好きなシーンしか覚えとらん…まぁ新鮮な気持ちでみれるってことでよしとしよう二度おいしい的な

エウレカは結構昔の作品だからか色々あるので気に入った人はお布施しよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました